サイト内検索
facebook

製菓・製パン業界掲示板

製菓製パン業界の最新情報――菓子店の新規オープン、リニューアルオープン、コンテストや技術講習会のご案内、業界関連イベント等をお知らせするページです。毎月1回、27日前後に更新していく予定です。また、最新ニュースが飛び込んできましたら、随時お知らせするようにいたします。


 

日本菓業振興会
例会場・事務局変更のお知らせ


日本菓業振興会(髙澤勉会長)では、例会場を行ってきた秋葉原・中小企業振興公社ビルの改装工事(工期二年)に伴い、二〇一六年四月八日(金)の月例会から銀座の東京都中小企業会館・九階講堂に会場を変更する。
また四月一日より、事務局を東京都世田谷区等々力3-9-7(八洲内TEL/03-3702-6980(Fax同じ)に移管する。
お間違えのないように。
●新会場住所=東京都中央区銀座2-10-18
●東京都中小企業会館・九階(講堂)TEL03-3542-0121

東京都中小企業会館案内図


 

 

日本菓業振興会 年間行事計画決定


日本菓業振興会(高澤勉会長)では、毎月10日前後に銀座の東京都中小企業会館・九階講堂にて月例研究会を開催している。
16年度(6月~来年の5月)の行事計画は次の通りである(※印は決定している日程)

 

◆【16年6月】6月9日(木)

  • 例会行事(テーマと内容)/
    総会第1部=定時総会と年間作品表彰式
    総会第2部=講演・大正時代の和菓子について/青木直己

◆【16年7月】7月12日(火)

  • 例会行事(テーマと内容)/フルーツを使った和菓子
    担当(講師)/猪狩具美

◆【16年8月】8月9日(火)

  • 例会行事(テーマと内容)/ハロウィンの和菓子 
    担当(講師)/羽鳥誠

◆【16年9月】9月4日(日)(別会費)

  • 実技大講習会+展示会
    会場=東京製菓学校
    全役員の作品展示
    講師/可児融(外部)、江口方弘(内部)

◆【16年10月】10月11日(火)

  • 例会行事(テーマと内容)/即戦力! 秋の蒸し菓子
    担当(講師)/橋本正好(日本菓業振興会副会長)

【16年11月】11月10日(木)

  • 例会行事(テーマと内容)/正月用ギフト
    担当(講師)/宮田弘崇

【16年12月】12月8日(木)

  • 例会行事(テーマと内容)/和菓子deバレンタイン
    担当(講師))/長谷川献

【2017年1月】1月12日(木)(別会費)

  • 新年会
    会場=品川プリンスホテル

【2017年2月】2月10日(金)

  • 例会行事(テーマと内容)/桜の和菓子
    担当(講師)/山眞産業・安藤耕一

【2017年3月】3月10日(金)

  • 例会行事(テーマと内容)/わらび餅色々
    担当(講師)/仲嶋真輝

【2017年4月】4月10日(月)

  • 例会行事(テーマと内容)/和三宝糖の出来るまで
    担当(講師)/ばいこう堂

【2017年5月】5月10日(水)

  • 例会行事(テーマと内容)/役員持ち寄り~夏の上生菓子~
    担当(講師)/全役員

 

◎例会会場=東京都中小企業会館(9階講堂)18時~20時(案内図参照)

※9月と1月の例会はお休みです。
※日程は変更になる場合があります。変更の場合は、事前に例会場でお知らせします。



 

日本菓業振興会

  • 月会費=1000円(入会金1000円)。学割700円(要学生証)

  • 展示作品について=展示作品は全て撮影し、優秀作品は製菓製パン誌に掲載します

  • 問い合わせ先=製菓実験社内
    日本菓業振興会事務局(電話03―3471―7541)

 


例会風景


 

日本菓子協会「東和会」
月例会会場変更のお知らせ

日本菓子協会「東和会」(石川忠久会長)では、2017年4月より「家庭クラブ会館」から「婦選会館」に会場が変更になりました。
会場では、毎回、若手技術者による作品100点余りが展示され、優秀な作品は東和誌においてカラーで掲載され、1年の終わりには年間賞が決定、表彰される。
出展は、同会の会員であれば誰でも自由であり、希望者は役員のアドバイスを受けることもできる。
また、併せて役員によるミニ講習も開催され、毎回、担当役員が季節菓子や創作品の製法を紹介している。

 

  • 会場/婦選会館(市川房枝記念会 女性と政治センター)新宿南口下車・徒歩7分
  • 住所/東京都渋谷区代々木2-21-11
  • 時間/18時~20時

 

※今後の開催予定日

  1. 2017年5月18日(木)
  2. 2017年6月19日(月)
  3. 2017年7月18日(火)

詳細につきましては、下記にお問い合わせください。

  • 協力/日本菓子協会「東和会」
  • 問い合わせ先/事務局・東京都渋谷区代々木2‐21‐11 
    代々木クリーンハウス1F‐C
  • 電話/03‐3375‐1748

婦選会館案内図

 

会場案内図 
「新宿駅」南口徒歩7分、JR「代々木駅」北口徒歩7分、
小田急線「南新宿駅」徒歩3分
都営新宿線・大江戸線「新宿駅」徒歩3分


 

大阪二六会
月例会開催のお知らせ

 

菓子研究団体「大阪二六会」(西尾智司会長)では、毎月26日に、大阪「イワセ・エスタ(五階・講習会場)」において、「月例会」を開催している。
内容は、主に技術講習会と作品の展示会である。月々の講習内容(講師)は、以下の通り。興味のある方は、振るってご参加いただきたい。

  • 受付は午後5時(講習は6時開始)
  • 7月は「特別有料大講習会」(午後1時~5時)
  • 11月は納会につき、5時より開催
  • 月例会は、原則的には毎月26日に開催(日曜日の場合は翌日に順延)
    お問合わせ先(事務局)電話06(6771)0304

平成29年度「行事計画書」
▼1月26日(木) 新春互礼会「料亭 天王殿」(天王寺)
▼2月27日(月) 本松葉屋・松下雄一(雛菓子・焼菓子・半生菓子)
▼3月27日(月) 高砂堂・加藤信男(春の季節菓子・春の棹物菓子)
▼4月26日(水) つくし・古川講三(朝生菓子・餅菓子・蒸し物)
▼5月26日(金) 白穂・新澤貴之(和洋菓子・夏節・冷菓・干菓子)
▼6月26日(金) 「第八一回定時総会」ホテルアウィーナ大阪(上本町)
〈受付〉午後4時 〈開催〉午後5時
▼7月26日(水) 夏季特別大講習会(午後1時~5時)。
講師=鉢の木七冨久(群馬・高崎市)・石川久行
▼8月26日(水) お喜奈・山本浩司(焼物菓子・平鍋物・餅菓子)
▼9月26日(火) 梅ぞの・鈴木美典(棹菓子・秋の味覚・朝生菓子) 
▼10月26日(木)西村清月堂・西村欣祐(和菓子全般・茶席菓子・干菓子)
▼11月27日(月)喜久寿・山本直樹(お題・干支・新年上生菓子・Xマス菓子)
講習は午後5時~7時。納会は午後7時~8時。
▼12月 「年末につき休会」
因みに、本講習会は会員アンケートをもとに企画したものである。


 

弊社代表が、石破茂農林水産大臣(当時)に独占インタビュー
~戦略的農商工連携とは~

日本農業を取り巻く環境が益々厳しくなってきている今、国内外の農業事情に目を向け幅広い産業間の連携が必要な時代である。これからの製菓・製パン業界が取り組むべき新たな道筋を、弊社代表取締役社長・金子恵里子が石破茂農林水産大臣に直接伺った。

※インタビューの詳しい内容については、2009年8月号に掲載

 


 

ブールミッシュ 製菓アカデミー
基礎からプロまでを対象に開校

ブールミッシュ(本社=東京・銀座/吉田菊次郎代表取締役)は、10月15日(月)、ブールミッシュ 製菓アカデミー(川崎市・高津区)を開校した。JR南武線「武蔵溝ノ口駅」と東急田園都市線「溝ノ口駅」が交わる両駅から徒歩8分の利便性のよい場所にある。
お菓子の楽しさと豊かさを追求する、和洋菓子の基礎から上級かでの愛好者のためのクラス、先端技術や最新情報、マネジメントに通じた、文化の香りのするパティシエの養成を目的としたプロのためのクラスのふたつの編成となり、今回は、愛好者のためのクラスからのスタートとなる。
授業は、洋菓子1回2品を作る月2回の1年間、和菓子1回2品を作る月1回の1年間、午前の部(10~12時)、午後の部(13時30分~15時30分)のコースがある。
月謝の他に、入会金5250円(10月末まで入会の場合は無料)、エプロン代4200円が必要となる。
講師は、吉田氏をはじめ、各界のスペシャリストがあたる。特にプロのためのクラスでは、経営者としての実務経験も盛り込まれ、これから業界を担う人材の幅広い育成を目標とするという。

 

ブールミッシュ 製菓アカデミー 

  • 所在地:〒213-0011 神奈川県川崎市高津区久本 3-12-18
  • 電話:044-829-5139
  • ファックス:044-833-1267
  • http://www.boulmich.co.jp/top.html


青木松風庵
『毎日食べたいお菓子のヒミツ』を出版、
好評発売中 

株式会社青木松風庵は今年で創業30周年を迎えた。その記念祝賀会の模様は、本誌2014年7月号で紹介した通りだが、それに先駆けて『毎日食べたいお菓子のヒミツ』を出版。
本書は2部構成からなり、第1部では数々のラインナップから特に人気の高いお菓子10品の人気のヒミツを紹介。第2部「青木松風庵物語」では、数々のエピソードを通して青木松風庵たる精神性が綴られている。
4人の家族経営からスタートして、今や500人以上の企業に成長。菓子作りを通して地域貢献も。創業者青木啓一氏の30年にわたる鮮明な足跡の書、いや結実の書ともいえる。
A5判変形160頁。1000円(税別)。幻冬舎メディアコンサルティング(電話03‐5411‐6440)発行。

佐々木勝「和菓子人」
青木松風庵 『毎日食べたいお菓子のヒミツ』